なぜ人気を集めるのか

間取り図

ワンルームマンション投資が人気を集めていますが、なぜ人気があるのかと気になっている人もいるでしょう。人気の理由として、まず挙げられるのが投資額の低さです。マンションやアパートの一棟投資となると、中古でも少なくとも5,000万円~1億円もの資金を用意する必要があります。しかし、ワンルームマンションであれば、新築で2,000~3,000万円、中古であれば数百万円の費用を用意するだけで投資が可能です。この程度の資金であれば、若い人でも不動産投資をすることができます。また、投資額が低いので、資金を金融機関から借りたとしても、比較的早く完済することが可能です。完済してしまえば、家賃収入によって老後の生活を安定化することができる点も魅力となっているようです。

独身者が対象になる

ワンルームマンション投資は、投資額も低いため、リスクが少なく、個人年金としての役割として投資をする人が多いです。ただ、この投資にもリスクがあることは知っておく必要があります。一室しか所有をしていないため、空室になれば全くの無収入となってしまいます。この投資で失敗しないためには、しっかりとした空室対策をする必要があります。ワンルームマンション投資での空室対策で重要になるのが、物件選びです。失敗するか、安定した収入を得られるかは、この物件選びにかかっているといっても過言ではありません。借り手は、独身の人が対象となるため、独身者が求める物件を選ぶことが重要です。独身者が求める物件を選ぶことができ、物件の管理をしっかりとするだけで、安定した収入を得ることができるでしょう。

具体的な選び方

ワンルームマンション投資の物件選びで、まずポイントになるのが駅からの距離です。独身者は、仕事や学校に通いやすい物件を探している人が多いです。そのため、駅から近い物件の需要が高いです。ただ、駅から近いといっても、各駅停車の電車しか止まらない駅、電車の本数が少ない駅では、需要は少なくなってしまいます。また、街の雰囲気も重要です。男性は気にしない人もいますが、女性は夜でも安心して歩けるような街での生活を求めています。男性だけにターゲットを絞った物件探しでは、入居者に偏りができて、空室になりやすいです。男女ともに生活しやすい街の物件を選ぶことが大切です。部屋の広さも重要で、狭すぎると人気薄となりますし、広すぎても需要が減ります。一人で生活するのに適度な広さで、適度な家賃の物件を求めていることから、極端に狭かったり広かったりする物件は避けましょう。これらの点に注目しながら物件選びをすることで、空室のリスクを軽減できるでしょう。

広告募集中